2005年春号 考古堂書店へジャンプ
考古堂出版概要 ] サイトマップ ] お問い合わせ ]

医学書の考古堂書店

  考古堂の出版物

「書店の皆様へ」

当社の出版物は、トーハン・日販・鍬谷書店・西村書店・北越書館より配本できます。
それ以外の取次店の書店様は、トーハン経由にて出荷いたします。 ご注文をお待ちしております。

  おすすめ

話題の【新井満 自由訳】

良寛さんの愛語

「愛語」は幸せを呼ぶ魔法の言葉。 ポケット判『愛語』とも

写真/弓納持福夫

B6  70頁 1,512円

良寛さんの戒語

戒語は平安を招く魔法の言葉。

表紙カバー・本文挿絵/こしの千涯

B6 138頁 1,296円

良寛と貞心尼の恋歌

『はちすの露』から相聞歌全54首を大胆に自由訳

本文写真/本田清

B6  180頁 1,512円

秋萩の花咲く頃CD盤

『はちすの露』の相聞歌 5首に美しいメロディをつけ、 新井満が歌う、デュットで歌う、夢のCD盤。 良寛原詩、歌詞、楽譜とも。

構成・作曲・歌唱/新井満

1,080円

  良寛さん

雑誌「良寛」 

雑誌「良寛」
好評発売中!!

■4〜21号
(各 1,000円+税)

■22〜50号
(各1,457円+税)

品切れ 1〜3,10〜12,23,45号
全50号にて完結いたしました。

◎品切れの号も出ておりますのでお早めにご注文ください。

Microscopia

医学と芸術の交差点
雑誌『ミクロスコピアMicroscopia』
の世界へようこそ!!

 坂口安吾

坂口安吾の色紙2点
好評発売中

  自費出版のご案内

あなたの本を創りませんか?
自費出版・自費出版のご案内企画出版お気軽にご相談ください。

 

 

ホームミクロスコピア2005年春号

クイックサーチ:・・

スペースに続けてキーワードを追加すると、絞り込み検索ができます。

 
雑誌『ミクロスコピア Microscopia』の世界へようこそ

●2005年春号(Vol.22 No.1)
●1部 定価1,200円(本体1,143円)
●年4回発行(季刊誌)

発行:ミクロスコピア出版会
発売:考古堂書店

2005年春号(Vol.22 No.1) 主要目次


私の視点
プリオン説の限界と もうひとつの想定 浜田 忠弥 4

My Cell
魚の色をつくりだす色素胞に魅せられて 大島 範子 11

フットライト
リンパ管を染め出す−最近の研究の歩み 下田 浩 19
肺胞マクロファージは何処から来たか?(3) 中田 光 28

この一枚
誘導物質 手わたしの現場? 山田 英智 26

緊急リポート
ヤコブ病/狂牛病について  佐藤 猛氏にきく 72

人と時代
ガレノスの神経学 神経の歴史散策(2) 高垣玄吉郎 35
知られざる科学者 ペッテンコ−フェル(3) 植木 絢子 40
世界医学史の旅(8)フランス・ボーヌのオテル・デュー 石田 純郎 47

原典でみる先駆者たち(9)
微量の放射線は健康に有益! 中山 宏明 44

特別記事*中越地震と山古志村*
山古志村の震太郎−ある医師と中越地震 北嶋 俊樹 62
おすすめの一冊 中條均紀 写真集 古志の里T 中條 均紀 65

てがみ
第三回 アショフ・田原シンポジウムとL.アショフの墓 島田 宗洋 31

私の世界百名山(49)
ロライマ・テプイ * ギアナ高地 黒田洋一郎 51

田中敬一のミクロ散歩(31)
はな毛を伸ばした赤い花 田中 敬一 7

かたちの記録(22)
生物体の表面のかたち その6 上原 康生 57

いとしき草花
牡丹のくに 和田 静子  2
絵と私
「細胞紳士録」余話 牛木 辰男  68
グルメ百話61
シドキが主役の山の天ぷら 江部 達夫  70
うまみフォーラム
カササギのごはん ぱく きょんみ 74
アメリカの食卓から ワイス大沼 百合子 74
諸国食事情 藤原 一枝 75
ひろば
カエルの目から(24) 岩澤 久彰  76
市場の風景
看板の迫力 仁木 一郎  79
 
 考古堂書店出版部    アクセスマップ

〒951-8063 新潟市中央区古町通4番町563番地
TEL:025-229-4050(代表) 025-229-4058(出版部直通)
FAX:025-224-8654
mailpub@kokodo.co.jp

アクセスマップ