考古堂書店出版部 考古堂書店へジャンプ


〒951-8063 新潟市古町通4番町563番地 TEL:025-229-4058 FAX:025-224-8654
[ 考古堂出版概要 ] [ サイトマップ ] [ お問い合わせ ]

 

ホーム詳細

クイックサーチ:・・



 

  『佛説大阿弥陀経』随聴記  人類の歴史に届けられた誓願(ことの葉)  

定価:\5,400(本体 \5,000)

品切れ

 

著者 著:學場房 世英
出版社 考古堂書店
判型 A5
頁数 431
出版年月 2011/11
ISBN 9784874997802

概要 個人的な智慧・才覚で仏道を歩むのではなく、本願成就の機縁をいただいてる身として「大阿弥陀経」を味わいながら講読する。
目次 巻上
第一章 人道を過度す
第二章 面に九色の光あり
第三章 体面の光精
第四章 古くて新しい求道魂
第五章 心中の所欲の願
第六章 十方衆生なる歓喜
第七章 如来なる出立ち
第八章 婦人あることなからしめん
第九章 如来なる宅急便
第十章 何に況や十方群生海
第十一章 原始林の原始人
第十二章 往来の道路
第十三章 阿弥陀の学校と同窓生
第十四章 一樹に於いて「われら」なる共生
第十五章 僧伽の風光
第十六章 浄土の食生活
第十七章 未来世からの広がり
第十八章 その身を後にして、身を先にする
第十九章 大に恐怖し、衣毛皆起つ

巻下
第一章 佛の御用、人間の御用
第二章 閉ざされた城内
第三章 二尊の御のりをたてまつる
第四章 「佛言」への聞思
第五章 如来の悲化内存在
第六章 罪業性・罪障性からの発動(如来)
第七章 身はもろもろの苦毒の中に止るとも
第八章 差別あれば貴賎あり
第九章 羅刹の国造り
第十章 阿難未だ起たざるに
第十一章 如来なる働きの分限
第十二章 未来世の罪業性への旅立ち
第十三章 恒沙の勧めなれば、信もまた恒沙の信
     
買い物篭の中身
 考古堂書店出版部    アクセスマップ

〒951-8063 新潟市古町通4番町563番地
TEL:025-229-4050(代表) 025-229-4058(出版部直通)
FAX:025-224-8654
mailpub@kokodo.co.jp

kokodo_pub_map.jpg (72703 バイト)

このページは(株)新潟美人が製作しました