2002年夏号 考古堂書店へジャンプ
考古堂出版概要 ] サイトマップ ] お問い合わせ ]

医学書の考古堂書店

  考古堂の出版物

「書店の皆様へ」

当社の出版物は、トーハン・日販・鍬谷書店・西村書店・北越書館より配本できます。
それ以外の取次店の書店様は、トーハン経由にて出荷いたします。 ご注文をお待ちしております。

  おすすめ

話題の【新井満 自由訳】

良寛さんの愛語

「愛語」は幸せを呼ぶ魔法の言葉。 ポケット判『愛語』とも

写真/弓納持福夫

B6  70頁 1,512円

良寛さんの戒語

戒語は平安を招く魔法の言葉。

表紙カバー・本文挿絵/こしの千涯

B6 138頁 1,296円

良寛と貞心尼の恋歌

『はちすの露』から相聞歌全54首を大胆に自由訳

本文写真/本田清

B6  180頁 1,512円

秋萩の花咲く頃CD盤

『はちすの露』の相聞歌 5首に美しいメロディをつけ、 新井満が歌う、デュットで歌う、夢のCD盤。 良寛原詩、歌詞、楽譜とも。

構成・作曲・歌唱/新井満

1,080円

  良寛さん

雑誌「良寛」 

雑誌「良寛」
好評発売中!!

■4〜21号
(各 1,000円+税)

■22〜50号
(各1,457円+税)

品切れ 1〜3,10〜12,23,45号
全50号にて完結いたしました。

◎品切れの号も出ておりますのでお早めにご注文ください。

Microscopia

医学と芸術の交差点
雑誌『ミクロスコピアMicroscopia』
の世界へようこそ!!

 坂口安吾

坂口安吾の色紙2点
好評発売中

  自費出版のご案内

あなたの本を創りませんか?
自費出版・自費出版のご案内企画出版お気軽にご相談ください。

 

 

ホームミクロスコピア2002年夏号

クイックサーチ:・・

スペースに続けてキーワードを追加すると、絞り込み検索ができます。

 
雑誌『ミクロスコピア Microscopia』の世界へようこそ

●2002年夏号(Vol.19 No.2)
●1部 定価1,200円(本体1,143円)
●年4回発行(季刊誌)

発行:ミクロスコピア出版会
発売:考古堂書店

▼2002年夏号(Vol.19 No.2) 主要目次


私の視点
マラリア退治への新しい免疫学 安保 徹 4

特集◇セレンディピティー
子供とセレンディピティー 井山 弘幸 8
細菌遺伝学とヒト遺伝学の幸運な出会い 中山 宏明 12

フットライト
網内系は もうないか(1)
−清野謙次と生体染色
和氣 健二郎 17
発汗のメカニズム(4)
−皮膚血流の発汗への関わり
小川 徳雄 36

人と時代
生命科学の巨人プルキニェ(2)
−近代科学形成の時代
外崎 昭 44
動物学者一家 丘家の人びと(2) 織田 秀実 49
消化管内視鏡の発展を辿る(5)
−胃カメラ診断学の樹立と胃カメラの普及
丹羽 寛文 40

連載◇プリオン病の謎
狂牛病を神経内科医の目でみる(3)
−プリオン病の現状と近未来への夢
金子 清俊 22
食肉の安全性を考える
−BSE診断法開発の現場から
毛利 崇 26
狂牛病問題にみる社会と科学の狭間 浦島 充佳 30

この一枚
粘ってとった染色体 BrdUで染め分けに成功 木村 英二 34

てがみ
高峰譲吉−あれからどうなった? 飯沼 和正 56
蛞蝓三昧(なめくじざんまい) 古田 恵美子 69

わたしの趣味
砂漠を旅する 加藤 智津子 64

田中敬一のミクロ散歩20
むこうの山に登ったら 後編 田中 敬一 6

山と私
大山再訪◇歴史の山 船上山から甲ガ山へ 高田 邦昭 72

シリーズ◇脊椎動物の歴史をたどって(5)
爬虫類のその後の放散 八鹿 寛二 60

自著自賛
こんな医者には診てもらわん! 矢野 健一 76

いとしき草花
森の仙人 どろ亀さん 和田 静子 2
絵と私
祖母の肖像 牛木 辰男 78
グルメ百話50
出世魚スズキは臭かった 江部 達夫 80
うまみフォーラム
うま味 だし味 こころ味 葛西 洌 82
慣れた味 早川 文代 82
味覚センサー開発者の夕餉 都甲 かやの 83
それぞれの舌は 藤原 一枝 83
ひろば
カエルの目から13 岩澤 久彰 84
「沖縄では酔い方が遅い」はなぜか 安保 徹 85
おすすめの一冊
−藤井 潤著 「脳と心臓をめぐる物語」
  86
市場の風景 狂牛病のふるさとでは 仁木 一郎 87

 
 考古堂書店出版部    アクセスマップ

〒951-8063 新潟市中央区古町通4番町563番地
TEL:025-229-4050(代表) 025-229-4058(出版部直通)
FAX:025-224-8654
mailpub@kokodo.co.jp

アクセスマップ